YOKOHAMA MUSIC STYLE [ヨコハマ ミュージック スタイル]

YOKOHAMA MUSIC STYLE vol.4

-Guitar Trade Show-

このイベントは終了いたしました

ご参加いただいた出展社様、出演者様、ならびにご来場のお客様、誠にありがとうございました。

2024

6.29 sat

11:00-19:00

ライブエリア 20:00 close

6.30 sun

11:00-17:30

ライブエリア 17:30 close

at 横浜大さん橋ホール

全国のギターショップ、コレクター、ギタービルダー、楽器メーカー、中古レコードが横浜に集結!ライブ、トークショーも同時開催!

一般:前売 ¥2,500(税込) / 当日 ¥3,000(税込)
高校生以上の学生:前売 ¥1,100(税込) / 当日 ¥1,500(税込)
中学生以下:無料
※学生は入場時に学生証をご提示ください

ハンディキャッパー:当日券のみ ¥1,100(税込)
※障害者手帳をお持ちの上、会場入口の受付まで直接お越しください(前売チケットご購入の必要はございません)。
※ご本人様と介護者の方(お一人様まで)が適用となります。

前売チケット 3/25 販売開始

前売チケットのご購入はコチラから

・イベント開催が中止となった場合は、ご購入いただいたチケットの払い戻しをさせていただきます。
・出演者は都合により変更になる場合がございます。出演者のキャンセル・変更の場合は、チケットの払い戻しはいたしません。

・イベント開催が中止となった場合は、ご購入いただいたチケットの払い戻しをさせていただきます。
・出演者は都合により変更になる場合がございます。出演者のキャンセル・変更の場合は、チケットの払い戻しはいたしません。

※現在、チケット転売サイト、ネットオークション、SNSでの個人間売買、金券ショップ等において、チケットの不正な高額転売や購入によるトラブルが増加しています。
営利を目的としたチケットの転売行為は固く禁じられており、転売されたチケットではご入場いただけません。ご入場できない場合の金銭的な保証は一切ありませんので、こうした場所での転売されたチケットやパス、招待券等は購入しないよう、ご注意願います。
またお手持ちのチケット等の転売等が発覚した場合には、「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」(略称チケット不正転売禁止法)に基づき、法的措置を取らせていただきます。
アーティストやコンテンツホルダーの権利を守るために、当運営では関係者様と協力し、各種対応を実施しています。

YOKOHAMA MUSIC STYLE vol.4

-Guitar Trade Show-

このイベントは終了いたしました

ご参加いただいた出展社様、出演者様、ならびにご来場のお客様、誠にありがとうございました。

2024

6.29 sat

11:00-19:00

ライブエリア 20:00 close

6.30 sun

11:00-17:30

ライブエリア 17:30 close

at 横浜大さん橋ホール

全国のギターショップ、コレクター、ギタービルダー、楽器メーカー、中古レコードが横浜に集結!ライブ、トークショーも同時開催!

一般:前売 ¥2,500(税込) / 当日 ¥3,000(税込)
高校生以上の学生:前売 ¥1,100(税込) / 当日 ¥1,500(税込)
中学生以下:無料
※学生は入場時に学生証をご提示ください

ハンディキャッパー:当日券のみ ¥1,100(税込)
※障害者手帳をお持ちの上、会場入口の受付まで直接お越しください(前売チケットご購入の必要はございません)。
※ご本人様と介護者の方(お一人様まで)が適用となります。

前売チケット 3/25 販売開始

前売チケットのご購入はコチラから

・イベント開催が中止となった場合は、ご購入いただいたチケットの払い戻しをさせていただきます。
・出演者は都合により変更になる場合がございます。出演者のキャンセル・変更の場合は、チケットの払い戻しはいたしません。

・イベント開催が中止となった場合は、ご購入いただいたチケットの払い戻しをさせていただきます。
・出演者は都合により変更になる場合がございます。出演者のキャンセル・変更の場合は、チケットの払い戻しはいたしません。

※現在、チケット転売サイト、ネットオークション、SNSでの個人間売買、金券ショップ等において、チケットの不正な高額転売や購入によるトラブルが増加しています。
営利を目的としたチケットの転売行為は固く禁じられており、転売されたチケットではご入場いただけません。ご入場できない場合の金銭的な保証は一切ありませんので、こうした場所での転売されたチケットやパス、招待券等は購入しないよう、ご注意願います。
またお手持ちのチケット等の転売等が発覚した場合には、「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」(略称チケット不正転売禁止法)に基づき、法的措置を取らせていただきます。
アーティストやコンテンツホルダーの権利を守るために、当運営では関係者様と協力し、各種対応を実施しています。

出展社一覧


Addictone
A Flash Flood of Gear
AQUBE MUSIC PRODUCTS
荒井貿易株式会社
Arthur Techno Craft
Bass Shop Geek IN Box
BAYSONIC YOKOHAMA
Birdland Guitars
Bizen Works
Black Smith
Blue Guitars
BOSE PROFESSIONAL
Caramel's Guitar Kitchen
Cascader by e-nextVision
CRAFT MUSICA
Curious InstrumentS
株式会社 ダイナ楽器
dragonfly/JVH
Elara Straps
株式会社エルプ
ESPエンタテインメント東京ギタークラフト科
FENDER AUDIO
FINEWOOD
Four Spirals Basses & Guitars
Freedom Custom Guitar Research Co. Ltd.
funk ojisan
Furious Note Guitar/サヌキノオト
g'7 Special
Grande uomo
グラウーナ弦楽器工房
Guitar Shop TONIQ
Herzoedio
株式会社フックアップ
HOSCO 株式会社ホスコ
Humpback engineering
idea sound product
KAMINARI GUITARS
キクタニミュージック株式会社
Kino Factory
工房匠玄 SHOGEN
クマノギターズ
クロサワ楽器店 G-Club Shibuya
kusakusa88
Kz Guitar Works
LCA
Leaf Instruments
LUMTRIC COMPANY
Markbass
Mary Guitars
株式会社メディア・インテグレーション
Miiya Guitar
Miyaji Guitars Kanda
桃山ピック工房
NAKAGAWA GUITARS
NATASHA GUITARS
Neural DSP
株式会社 日本娯楽 企画営業部
日本ロックギタークラブ
野平工房 Triple Cross
O.CRAFT
Olive instruments
クワイアンウクレレ
REON Corp.Ltd,
Reonico guitar&pickups
ルジールピックアップス
Sago NMG Co.,Ltd.
SATOMi Guitars
SHURE
Sound Project "SIVA"
SOUND WAVE LABORATORY
株式会社 鈴木楽器製作所
tatsuta Titanium Parts
株式会社トーラスコーポレーション
True Guitars Japan
U-I.D Guitars
VINCENT
Vola Guitar
ヴォイジャーギターズ
WIZARD LEATHER
株式会社ヤマハミュージックジャパン
ヤマネギターズ
斬新 Musical Instruments


Addictone
A Flash Flood of Gear
AQUBE MUSIC PRODUCTS
荒井貿易株式会社
Arthur Techno Craft
Bass Shop Geek IN Box
BAYSONIC YOKOHAMA
Birdland Guitars
Bizen Works
Black Smith
Blue Guitars
BOSE PROFESSIONAL
Caramel's Guitar Kitchen
Cascader by e-nextVision
CRAFT MUSICA
Curious InstrumentS
株式会社 ダイナ楽器
dragonfly/JVH
Elara Straps
株式会社エルプ
ESPエンタテインメント東京ギタークラフト科
FENDER AUDIO
FINEWOOD
Four Spirals Basses & Guitars
Freedom Custom Guitar Research Co. Ltd.
funk ojisan
Furious Note Guitar/サヌキノオト
g'7 Special
Grande uomo
グラウーナ弦楽器工房
Guitar Shop TONIQ
Herzoedio
株式会社フックアップ
HOSCO 株式会社ホスコ
Humpback engineering
idea sound product
KAMINARI GUITARS
キクタニミュージック株式会社
Kino Factory
工房匠玄 SHOGEN
クマノギターズ


クロサワ楽器店 G-Club Shibuya
kusakusa88
Kz Guitar Works
LCA
Leaf Instruments
LUMTRIC COMPANY
Markbass
Mary Guitars
株式会社メディア・インテグレーション
Miiya Guitar
Miyaji Guitars Kanda
桃山ピック工房
NAKAGAWA GUITARS
NATASHA GUITARS
Neural DSP
株式会社 日本娯楽 企画営業部
日本ロックギタークラブ
野平工房 Triple Cross
O.CRAFT
Olive instruments
クワイアンウクレレ
REON Corp.Ltd,
Reonico guitar&pickups
ルジールピックアップス
Sago NMG Co.,Ltd.
SATOMi Guitars
SHURE
Sound Project "SIVA"
SOUND WAVE LABORATORY
株式会社 鈴木楽器製作所
tatsuta Titanium Parts
株式会社トーラスコーポレーション
True Guitars Japan
U-I.D Guitars
VINCENT
Vola Guitar
ヴォイジャーギターズ
WIZARD LEATHER
株式会社ヤマハミュージックジャパン
ヤマネギターズ
斬新 Musical Instruments

NEWS

→ 出演アーティストの発表! 第9弾

下記アーティストの出演が決定しました!

・関谷友貴 / 國田大輔※Kelly SIMONZとのコラボ

2024.5/16

→ タイムテーブルを発表いたしました

ライブステージのタイムテーブルを発表いたしました。

2024.5/9

→ 出演アーティストの発表! 第8弾

下記アーティストの出演が決定しました!
追加アーティストは後日発表いたします。

・菅原卓郎 (9mm Parabellum Bullet)

2024.4/23

→ 出演アーティストの発表! 第7弾

下記アーティストの出演が決定しました!
追加アーティストは後日発表いたします。

・ピーター・バラカン / 高田漣

2024.4/19

→ 出演アーティストの発表! 第6弾

下記アーティストの出演が決定しました!
追加アーティストは後日発表いたします。

・シンリズム / 谷口雄 / 岡田梨沙 / アポロン増田

2024.4/10

→ 出演アーティストの発表! 第5弾

下記アーティスト・MCの出演が決定しました!
追加アーティストは後日発表いたします。

・武田祐介 (RADWIMPS)※須藤優とのコラボ

・植松哲平※メインステージMC

2024.4/5

→ 出演アーティストの発表! 第4弾

下記アーティストの出演が決定しました!
出演日や追加アーティストは後日発表いたします。

・小沼ようすけ / 宮地 遼 / Kan
・きものやん
・東京メタルシティ
(50音順)

2024.3/26

→ 出演アーティストの発表! 第3弾

下記アーティストの出演が決定しました!
出演日や追加アーティストは後日発表いたします。

・吉川忠英

2024.3/25

→ 出演アーティストの発表! 第2弾

下記アーティストの出演が決定しました!
出演日や追加アーティストは後日発表いたします。

・沖聡次郎 (Nobelbright)
・Kelly SIMONZ
・DEPAPEPE
・西尾知矢 / Perfecto De Castro / 那有多

(50音順 )

2024.3/15

→ 出演アーティストの発表! 第1弾

下記アーティストの出演が決定しました!
出演日や追加アーティストは後日発表いたします。

・Anly
・宇雪
・須藤優 (XIIX)
・Sooi
・ホリエアツシ (ストレイテナー)
・山岸竜之介
(50音順 )

2024.3/1

→ ボランティア・スタッフ募集中です

ただいま、イベントのボランティア・スタッフを募集しています!
詳しくはコチラから
https://yokohama-music-style.com/volunteer2024
2024.2/14

→ YOKOHAMA MUSIC STYLE Vol.4 出展申込の受付を開始しました

YOKOHAMA MUSIC STYLE Vol.4 出展申込の受付を開始しました。
出展案内ページはコチラから
https://yokohama-music-style.com/apply2024
2023.11/10

CONTENTS

出展社による中古・ヴィンテージ楽器の販売・トレード・買取・下取

出展社による中古・ヴィンテージ楽器の販売・買取・下取を行います。

ギタールシアー・製作家による展示・販売

日本国内の優れたギタールシアーや製作家による作品の展示・販売を行います。
当日はルシアーや製作家と直接のやり取りも可能となります。

楽器メーカーによる展示・販売

出展楽器メーカーによる、新製品や話題の商品の展示・販売を行います。
また会場限定のアウトレット品の販売等を行う予定です。

中古レコード・古本の販売

会場内ブースにおいて「中古レコード市」「楽器関連の古本市」を開催いたします。
さまざまな中古レコードを取り揃えています。

会場内での楽器メンテナンス

専門のリペアマンによる楽器のメンテナンス窓口を設置。プロのリペアマンによる メンテナンスを会場で受けることができます。
(メンテナンス内容によって有償となります)

著名ミュージシャンによるライブ、トークライブ

会場内特設ステージにおいて、観覧無料にて著名ミュージシャンによるアコースティックライブ、
トークライブやセミナーなどを開催いたします。出演者については 随時発表いたします。

6.29 sat

11:30 - 11:50 Sooi

Sooi(そおい)
ダイナミックな歌唱力と抜群のリズムセンスを持つ2000年生まれのシンガーソングライター。Sooi自身で制作する楽曲もバリエーションに富んだものとなっている。

12:00 - 12:20 宇雪

横浜を中心に活動中のシンガーソングライター「宇雪(うゆき)」
パウダースノーボイスと呼ばれるその唯一無二の歌声は日本のトップミュージシャン達も大絶賛。必聴です。

12:35 - 13:05 きものやん

きものやんは日本で生まれた様々なアーティストから影響を受け楽曲を制作する。
服部良一や芥川龍之介、竹久夢二など音楽だけではなく文学やアートなどをを取り込み活動を行うボーカルmameとギターのkazuから成る和装ユニット

13:20 - 14:00 西尾知矢・Perfecto De Castro・那有多

-西尾知矢-
ギタリスト。大阪府出身。
数多くのアーティストへの楽曲提供、バック演奏を経て、2011年ギターマガジンコンテスト 準グランプリを受賞。
近年は東京を拠点に全国でイベント活動やレッスンを行う傍ら、YouTubeでのコンテンツ配信も精力的に行っている。
Kz Guitar Works製シグネチャーモデル「木太郎」は近年大掛かりなモディファイ作業を経てアップデートされ、「真・木太郎」として多くの場で活躍している。




-ペルフェクト・デ・カストロ(Perfecto De Castro)-
ロサンゼルスを拠点に活動するギタリスト。
フィリピン音楽シーンでキャリアを築き、伝説的バンドRivermayaでのギター・ワークは次世代のフィリピン人ミュージシャンに多大な影響を与えた。アーネル・ピネダ(現・Journey)のツアーメンバーとしての活動のほか、ポール・ギルバートクリニックでの公演やリッチー・コッツェンのオープニングアクトも務める。
ソーシャルメディアのフォロワーは62.7万人を誇り、ビデオレッスン、機材デモ/レビューで世界中に影響力を広げている。
彼のパーソナルカラーであるパープルフィニッシュを施したKz Guitar Works製「Kz TL Trad 22」は幅広い活動を支えている。




-那有多-
カホン奏者。北海道出身。
高校の頃よりバンド活動を始め、音楽活動をスタート。
2023年6月から12月までの間、世界6カ国にてソロでのバスキングを行い、ライブ活動にて旅費を工面しながら成功に終える。
現在はサポートミュージシャン、ソロミュージシャンの二刀流で大阪、京都を中心に北海道でも活動を行っている。
京都西院の和音堂、大阪茨木のrubatoにて毎月企画ライブを開催中。

14:15 - 14:45 関谷友貴・Kelly SIMONZ・國田大輔

「Tomotaka SEKIYA Jazz Metal Project in 横浜ミュージックスタイル」
出演:関谷友貴・Kelly SIMONZ・國田大輔



【関谷友貴】
ベーシスト、編作曲家、プロデューサー。
大阪狭山市出身。踊れるジャズバンド「TRI4TH」のベーシストであり、ジャズと伝統音楽のミクスチャーバンド「黒船」のリーダー。
14歳の時にブラスバンドで演奏していたバリトンサックスからエレクトリックベースへ転向する。
高校卒業と同時に渡米しLAMA(Los Angeles Music Academy)に入学。 Jimmy Haslip(Yellowjackets)、Phil Chen(Jeff Beck、Bob Marley)、Ed Lucie(Buddy Rich、Stevie Wonder)、Jerry Watts Jr.(Andy Summers、Dave Stewart)、Hussain Jiffry(Sergio Mendes、Yanni)らに師事する。
20歳の時にロスで初のリーダーアルバム『footprints』を録音。同CDは自己のレーベルPeace Of Cakeから全国リリースし好評を得る。
その後バークリー音楽大学の奨学金試験に合格し、同大学ジャズ作曲科に入学。作曲とアレンジを学ぶ傍ら、在学中には数多くのライブやレコーディングに加え、Steve Hunt(Allan Holdsworth)、Bryan Baker (Steps Ahead)らと共演する。
2009年、ニューヨークのオフブロードウェイにて、三谷幸喜(作、演出)、小西康陽(音楽監督)、香取慎吾(主演)のミュージカル「TALK LIKE SINGING」にTRI4THのバンドメンバーとして参加する。
2012年、2枚目のリーダーアルバム『Live at Last Waltz』を(類家心平、菰口雄矢、山木秀夫、井上鑑が参加)shiosaiよりライブアルバムとしてリリース。
2016年、探偵!ナイトスクープに出演。
2019年、黒船でヨーロッパ最大級の日本フェス「Japantag」のヘッドライナーとして出演。TRI4THでSUMMER SONIC 2019に出演。
2020年、バンド活動と並行して、自宅スタジオを使ったオンラインレッスンや、YOUTUBEでの動画配信もスタート。
自他共に認める釣り好き。 ブラックバスの自己レコードはフロリダで釣り上げた65cm!!



【Kelly SIMONZ(ケリー・サイモン)】
1970年7月1日大阪生まれ。

14歳でギターを始め、17歳でラウドネスのオープニング・アクトに抜擢。高校卒業後にハリウッドの音楽学校MIに入学。在学中よりバンドやセッション・ワーク活動を積極的に展開する。

帰国後、1998年に自主制作アルバム『Sign Of The Times』をリリース。約1万枚のセールスを記録。翌年ソロ名義の『Silent Scream』でメジャー・デビューを果たす。

2002年にはKelly SIMONZ’s BLIND FAITH名義の2ndアルバム『The Rule Of Right』を発表すると同時に、フィンランドのLION MUSICとアルバム契約を交わして世界リリースが決定。その後、グレン・ヒューズとジョー・リン・ターナーによる“ヒューズ・ターナー・プロジェクト” のオープニング・アクトとしてヨーロッパ・ツアーを敢行した。

2003年よりESP/MIジャパンの特別講師に就任。2005年からはNCA(現NSM)の講師も務め、後進の育成に貢献する。

2009年リットーミュージックより『超絶ギタリスト養成ギプス』を発刊し教則としては過去に例を見ない強烈なテクニックとスピードの応酬で業界に衝撃を与える。その後もシリーズ2巻に加え『頭でイメージした音をギターで表現できる本』では一転して初心者から経験者まで幅広くカヴァーしたシリーズを2冊発売し、こちらも好評を得ている。

2012年より、ソロ活動と並行して、Yosuke, Timとトリオ構成のKelly SIMONZ’s bAd TRIBE、そして新たにメンバーを一新したKelly SIMONZ’s BLIND FAITHを本格的に始動。

2013年にはロサンゼルスNAMMショウや台湾でのギタークリニック開催、さらには上海で行われたMusic CHINAでのデモンストレーションなど数々の楽器フェアでもメーカーのデモンストレーターを勤め高い評価を得る。

2014年にはKelly SIMONZ’s BLIND FAITH名義でのニュー・アルバム『BLIND FAITH』をキングレコード“NEXUS”レーベルより発売。さらに11月にはクリスマスカヴァーアルバム『HOLY WINTER』をリリース。

2015年、キングレコードよりBLIND FAITHのセカンドアルバム『AT THE GATES OF A NEW WORLD』をリリース、ギターセミナーやイベントをこなす間も台湾遠征なども実現し精力的なバンド活動を行う。

2016年、Kelly SIMONZ’s BLIND FAITH初の韓国遠征を実現させる。さらに2011年より継続してきた「島村楽器超絶ギターセミナー」の実施数が200回を突破。引き続き全国のギタープレイヤーの希望にお応えするべく継続中。

2017年、キングレコードよりBLIND FAITHのサードアルバム『Overture Of Destruction』をリリース。

2018年、ドラマーYosukeの弟Hayataとのトリオ『The Exthunders』を結成し、台湾遠征や移動する列車内でのライブイベント『メタルトレイン』や駿河湾フェリーでの船上イベントなどを実施。

2019年、元イングヴェイマルムスティーンのボーカル、マークボールズを中心としたメンバーでトリロジー復刻ジャパンツアーを行う。キーボードにはイタリアからミステリアが参加。

​2020年、マークボールズを中心としたニュープロジェクトを立ち上げ改めて世界へ向けた活動を目指し大いなる飛躍を目指す。

2021年、改訂版「超絶ギターを可能にするトレーニングメソッド」を発売。

2022、改定版「超絶ギターを可能にするトレーニングメソッド」(実践編)を発売。2年の時間をかけて「令和クラウドファンディングCD〜The NEW ERA」を発表。

​2023年、マークボールズと正式にアルバム制作の契約を交わし、夏のリリースに向けて制作に取り掛かる。



【國田大輔】
北海道札幌市生まれ。17歳よりギターを始め、高校卒業後に米国バークリー音楽院に留学。
在学中、ウェイン・クランツ(Wayne Krantz)、デビッド・フュージンスキー(David Fiuczynski)、ミック・グッドリック(Mick Goodrick)等に師事。
2005年、ギブソンジャズギターコンテスト2005、審査員特別賞受賞。
2007年、初リーダー作「Fuzzy Logic」をInter Music(国内)レーベルより発売。
2014年、2ndアルバム「In My Life」を発売。 東京JAZZフェスティバルに、國田大輔トリオで初出演を果たす。 海外No.1ジャズ・フュージョンサイトの「Abstractlogix.com」でトップセールスを記録。
この作品で、フェンダーシニアマスタービルダー、現在はJ.W.Black Guitars CEOであるJ.W.Black氏にも、そのサウンドと作曲能力を高く評価され、その後、日本人で初めてオリジナルギターを無償で制作・進呈される。
2019年ソロ3作目の『abstract/pop』をリリース。
近年はゲーム、アニメ音楽にも活動の幅を広げ、 『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』『攻殻機動隊SAC_2045 』 、映画『BLUE GIANT』など、日本を代表するタイトルにもギタリストとして参加している。
また自身のYouTubeチャンネルは、プロ、アマチュア共のギタリストの間で話題になり、チャンネル登録者3万人を突破した。

15:00 - 15:45 沖聡次郎 (Nobelbright)

サウンド⾯でNovelbrightをまとめる司令塔的存在。
ゲーム・アニメ・お酒好き。
遊戯王が好きすぎて公式⼤会に出場経験あり。

16:00 - 16:30 山岸竜之介

山岸竜之介 1999年5月15日産まれ
幼稚園年長のころ「さんまのスーパーからくりTV」にてCharとギターセッションをし一躍注目の存在となる。
ベースヒーロー・KenKen、ロックレジェンド・ムッシュかまやつと共に、世代を超えてグルーヴで繋ぐスーパーファンクバンドLIFE IS GROOVEにて、RISING SUN ROCK FES, SUMMER SONICや台湾の大型フェスなどへ多数出演、10代にして音楽の聖地Blue Note、Billboardでの単独ライブも果たした。
2019年1月には、Fender Guitarの招待にて、LAで開催された世界一の楽器SHOWでステージに立つ。
2023年4月には、2枚目となる2ndアルバム「THE FAKE」をリリース。
現在、ギタリスト、プロデュース、提供も含め 多方面で活躍している。

16:45 - 17:25 宮地 遼・小沼ようすけ・Kan

Blue Guitars presents..「Collectera」 Launch LIVE Showcase
“宮地遼 acustica with 小沼ようすけ&Kan”

宮地 遼

1994年 岡山県出身。ベーシスト、作曲家。Nishigaki Guitars, La Bella Strings, Mark Bassアーティスト。 
2014年より渡米、NewYorkへと移住。2015年よりThe Collectiveに入学。在学中にNew Yorkのトップミュージシャン、Nir Felder, Ian Froman, Adriano Santos, Marko Djordjevic, Ole Mathisen, Mark Sherman, Isamu Mcgregor, Billy Test等との共演する。 
2017年 New Yorkの多様な音楽性に影響を受けた自身1作目のリーダーアルバム”November” をリリース。Nir Felder, Ole Mathisen, Evan Marien, Isamu McGregor, Marko Djordjevic等と共演する。 
2018年5月には、NYよりNir Felder, Ole Mathisen, Billy Test, Marko Djordjevicを迎え自身のバンド “Ryo Miyachi NY Collective”として4都市ツアーを行い盛況を得る。 
2019年5月ドラマーNATSUMIとの共作アルバム、”RNP”を発売し、Evan Marien X Dana Hawkinsとのツーマンライブを含む5都市リリースツアーを井上 銘、Isamu McGregor等と共に行う。 
2019年 世界最高峰のジャズフェスティバル, イタリアで行われたUmbria Jazz Festival 2019に自身のバンド “Ryo Miyachi Quintet” その年唯一の日本人バンドとして出演。  
2020年1月には、Los Angels “Blue Whale”に自身のリーダーバンドで出演、現地のオーディエンスからも盛況を収める。 
2021年 フジロックフェスティバルに草田一駿五重奏体系のメンバーとして出演。 
2021年 ゲーム会社”Square Enix”とのコラボ企画 “Lounge Jam”を行う。自身のバンド”Ryo Miyachi Quintet”のバンドリーダー、ベーシスト、アレンジャーを務めた。完成した映像作品は、YouTubeにて合計20万回を超える再生回数を記録し、話題となる。 
2021年10月には、ReBorn Wood Labelより、自身の2nd Album「now it is」をリリース。2022年1月にはリリースツアーを全国にて行い、ツアーファイナルは丸の内Cotton Clubにて盛況を収めた。 
2023年5月 世界的ベースヒーロー Evan Marienとのジョイントツアーを日本で行い、盛況を収めた。 2023年7月 ベースマガジンに、Evan Marien x 宮地遼 ダブルインタビューが掲載される。 
NYで行われた第2回 La Bella Strings主催solo bass competitionにて2位受賞。 
Sapporo City Jazz Park Jazz Live Contest 2018 にて “Ryo Miyachi Quintet"として最優秀バンド賞を受賞。

HP
Youtube
Instagram




小沼ようすけ

秋田県出身。
1999年 ギブソンジャズギターコンテスト優勝。
2001年にSONY MUSICよりデビュー。
2004年、リチャード・ボナ (ba)、アリ・ホニッグ(dr)をフィーチャーしたトリオアルバム  “Three Primary Colors”を Ny で録音。
2010年「Jam Ka」発売。グアドループの民族音楽グオッカの太鼓(ka)がフィーチャーされたこの作品で独自の世界観を展開。
2016 年、パリで録音された「Jam Ka Deux」をリリース。
この作品をきっかけにParisやMunichのジャズクラブ、Martinique Jazz festival、グォッカの本拠地Guadeloupeで行われた “Festival Eritaj” に出演。ジャズをベースに様々な国を旅して得た影響、経験を音楽に採り入れながら、世界を音で繋ぐ創作活動を続けるギタリスト。最新作は初のソロギター作品『Your Smile』。
HP




Kan
大阪出身のマルチパーカッショニスト。 

中学の時に吹奏楽部でパーカッションをはじめる。 
高校在学中は仙道さおり氏に師事。卒業後、ニューヨークでチェンボコルニエル、小川慶太 氏、セルジオクラコウスキ、ホジェリオボッカートなどに師事する。 
ニューヨーク在住中、日本大使館にてMIKA Mimura ERICKOSONバンドで演奏。 2016年にボストンのバークリー音楽大学に入学。在学中はアランマレット、フェルナンドブ ランダオ、タイガー大越などに師事。 
2017年Banda Magdaの来日公演にてブルーノート東京に出演。2019年自身がパーカッショニストとして参加しているラテンフュージョンバンドDEJÀNにてスイス、チェコ、オーストリア、ドイツにて演奏。同年、ボストン州議事堂にて演奏。 
第63回グラミー賞「Best Immersive Audio Album」のカテゴリにおいて自身が参加した Alain Malletのアルバム「A Wake Of Sorrows Engulfed In Rage」がノミネート。 2021年、ヨーロッパにて行われたEster Wiesnerovaのレコーディング、そして次年に行われたツアーにも参加。また、2022年イスラエル人ピアニストYotam Ishayのイスラエルツアーに参加。 
Snarky Puppyのマイケルリーグとビルローレンスが審査員を務めたコンペティション「 Beyond Music」にて選出され、審査員二人がプロデュースしたアルバムに収録された。 2022年、小曽根真氏の率いるビッグバンド”No Name Horses”のクリスマスジャズナイトにゲストとして出演。 
現在は東京を拠点に国内外問わず演奏活動を広げている。

17:55 - 18:45 ピーター バラカン・高田漣

国内海外のロックギターのアナログレコード名盤・名曲を、【ピーター・バラカン】氏と【高田漣】氏がレコード選盤・選曲、聴き語りLiveします。
レコードサウンドは、世界で唯一の日本技術【レーザーターンテーブル】で光再生。ギター・レジェンドたちの名演が、まるで今会場でライヴしているがごとく生々しく甦ります。PAシステムによるライヴ感覚のサウンドでレコード音楽を体感していただきます。

ピーター・バラカン

1951年ロンドン生まれ。
ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974年に音楽出版社の著作権業務に就くため来日。
現在フリーのブロードキャスターとして活動、「バラカン・ビート」(インターFM)、「ウィークエンド・サンシャイン」(NHK-FM)、「ライフスタイル・ミュージアム」(東京FM)、「ジャパノロジー・プラス」(NHK BS1)などを担当。
著書に『ピーター・バラカン式英語発音ルール』(駒草出版)、『Taking Stock どうしても手放せない21世紀の愛聴盤』(駒草出版)、『ロックの英詞を読む〜世界を変える歌』(集英社インターナショナル)、『わが青春のサウンドトラック』(光文社文庫)、『ピーター・バラカン音楽日記』(集英社インターナショナル)、『魂(ソウル)のゆくえ』(アルテスパブリッシング)、『ラジオのこちら側』(岩波新書、電子書籍だけ)、『ぼくが愛するロック 名盤240』(講談社+α文庫、、電子書籍だけ)などがある。
2014年から小規模の都市型音楽フェスティヴァルLive Magic(https://www.livemagic.jp/)のキュレイターを務める。
2022年、音楽・テレビ・ラジオを通じ国際社会と日本の架け橋となったことの功績として、2021年度NHK放送文化賞を受賞した。

HP




高田漣(たかだれん)
音楽家。執筆家。1973年、フォークシンガーの高田渡の長男として生まれる。自身の活動と並行して、他アーティストのアレンジ及びプロデュース、映画、ドラマ、舞台、CM音楽を多数担当。ギター以外に、ペダル・スティール、ウクレレ、バンジョー、マンドリン等を操るマルチ弦楽器奏者としても活躍。2017年、アルバム『ナイトライダーズ・ブルース』をリリースし、第59回 日本レコード大賞 優秀アルバム賞を受賞。2022年6月にソロ・デビュー20周年を迎え、3年ぶりのアルバム『CONCERT FOR MODERN TIMES』をリリース。

HP

19:00 - 20:00 DEPAPEPE

2002年11月徳岡慶也と三浦拓也で結成された、2人組ギターインストゥルメンタルユニット。

アコースティックギター2本で、さわやかなメロディーと柔らかな音色で心象風景や喜怒哀楽といった感情、四季折々の情緒を表現する。2005年アルバム「Let’s Go!!!」でメジャーデビュー。インストの音楽CDとしては異例の15万枚販売数を突破する。
インストゥルメンタルのアーティストのデビュー作品としては、日本音楽史上初のオリコンベスト10内7位にランクイン。
第20回日本ゴールドディスク大賞にて、ニューアーティスト・オブザイヤーとインストゥルメンタル・アルバムオブ ザイヤーの二冠に輝く。日本国内だけにとどまらず、海外でも人気が高い。
2008年からタイをはじめ、韓国、インドネシア、台湾、シンガポール 等でCDをリリースをすると共に、アジア圏でも毎年ライブを行なっている。
タイでワンマンライブも開催し3000人もの動員、翌2014年のインドネシアでのFESではDEPAPEPEだけで10,000人以上もの観客を動員。
2025年にはメジャーデビュー20周年を迎える。
「インストミュージックをポピュラーに!」を掲げ、さらに世代、国境も越えて勢力的に活動中!!

タイムテーブルは変更になる可能性がございます。

出演時間、追加アーティストは後日発表いたします。

6.30 sun

11:30 - 12:00 シンリズム・谷口雄・岡田梨沙・アポロン増田

シンリズム
本名:新 理澄(シン リズム)1997年7月17日兵庫県神戸市出身高校1年生時に作りためた楽曲をSoundCloudに公開するとネット上で話題を呼ぶ。
2015年4月にアナログ7インチでリリースした「心理の森」が全国ラジオ33局でヘビーローテーション(パワープレイ)を獲得。これまでに2枚のアルバム(CD)と数枚のシングル(アナログ盤)をリリース。
ソロ作品以外にもCMソングやラジオのジングル制作、また楽曲提供や管弦編曲もこなす。ライヴツアーでのサポートと演奏面でも積極的に活動中




谷口雄
1985年、東京生まれの鍵盤楽器奏者。幼少時よりクラシックピアノを磯崎淳子氏に師事。バンド、森は生きているのメンバーとして2013年にCDデビュー。2015年の解散後は、様々なミュージシャンのライブ/レコーディングに鍵盤奏者やアレンジャー、プロデューサーとして参加している。アメリカンポップスやルーツロックへの偏愛から、ライナーノーツやディスクレビューなどの執筆も多数。2016年よりトークイベント〈ミッドナイト・ランブル・ショー〉を神保町試聴室にて現在に至るまで毎月開催。映画やラジオ番組のMCなど、活躍の幅を広げている。




岡田梨沙
Drums,Percussion
北海道帯広市生まれ、横浜育ち。
歌が好き、バンドが好きで、15歳の時にドラムをはじめる。
2007年にD.W.ニコルズに加入。2009年にメジャーデビュー。バンドを9年間続けたのち、2016年9月にD.W.ニコルズを脱退。
現在はフリーのドラマーとして、関取花、磯貝サイモン、D.W.ニコルズ他のサポートで活動中。
また、2020/11/3レコードの日に7インチシングル「Magic Hour Comes / はばたキッス」を”RISA COOPER(リサ・クーパー)”名義でリリース。以降、叩いて歌うソロ活動もマイペースに進行中。




アポロン増田
東京芸術大学音楽学部卒業。
在学中に結成したバンドでインディーズデビューし、解散後はフリーのベーシストとして様々なアーティストのサポート、ミュージシャンとのセッションをメインに世代、ジャンルを越えて活動の場を広げる。

12:15 - 12:45 東京メタルシティ

東京メタルシティ
1982年生まれ 沖縄県那覇市出身
ヘヴィメタルとギターミュージックの振興を掲げる架空の都市、東京メタルシティの市長としてTwitterを中心にSNSで活躍中。
その活動はSNS上に止まらずビギナーからプロまで歓迎のセッション会のM響、ライブ、ワークショップ、楽器イベントへの出演など、メタルとギターへの愛を掲げメタル市民増加のため精力的に行なっている。
市長の中の人はプロギタリストとしてコンサート、レコーディングや制作、多方面で活動している人だという噂も…。
X (Twitter)

13:00 - 13:40 吉川忠英

1947年 東京生まれ。
72年、和楽器を取り入れたフォークロック・グループ“EAST”のメンバーとして全米デビュー。
帰国後シンガーソングライターとしてソロデビューし、ギタリスト・アレンジャー・プロデューサーとしての活動を開始。
アコースティックギターの第一人者として、中島みゆき・松任谷由実・イルカ・山口百恵・大滝詠一・福山雅治・夏川りみ・加山雄三など、数多くのヒット作品に参加し、様々なアーティストへの楽曲提供、CM音楽なども多く手がけている。
17年より、WEBでのギタースクール「Masters Laboオト塾」を開講。
毎年、北海道から沖縄まで全国ソロライブツアーも精力的に行なっており、20年、オリジナルアルバム「僕を変えたもの」を発表。
23年には、日本コロムビアよりデビューからの5作品を一挙再発している。
HP

13:55 - 14:25 須藤優 (XIIX)・武田祐介 (RADWIMPS)

須藤優
1985年生まれ、埼玉県さいたま市出身。
小学6年生から兄の影響でベースを弾き始める。さまざまなバンドを経て2019年からは斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)とともにXIIX(テントゥエンティ)を結成、トイズファクトリーよりデビュー。
また近年は、米津玄師、sumika、Superfly、秦 基博、ゆずなどのサポートベーシストとしても活躍中。




武田祐介(たけだゆうすけ)
2001年に結成されたRADWIMPSに2004年に加入。2005年11月にメジャー・デビュー。
デビュー直後から大きな影響を集め、日本のロックバンドとして確固たる地位を確立している。また、新海誠監督による映画『君の名は。』(2016年)、『天気の子』(2019年)、『すずめの戸締まり』(2022年)の音楽を担当し、それぞれ日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞するなど、多彩な側面も持つ。2023年~2024年には北米、ヨーロッパ、アジア、中南米、そして日本をめぐるツアーを行いワールドワイドな活動も行っている。
HP
Instagram

14:40 - 15:20 菅原卓郎 (9mm Parabellum Bullet)

すがわら・たくろう
1983年、山形県出身。
9mm Parabellum Bulletのボーカル&ギター。
2004年3月、横浜にて9mm Parabellum Bulletを結成。2枚のミニ・アルバムをインディーズ・レーベルよりリリースしたのち、2007年に『Discommunication e.p.』にてメジャー・デビュー。
結成20周年イヤーとなる今秋に2年ぶり10枚目となるNEW ALBUMのリリースが決定!また、リリースツアーの開催も決定!

15:35 - 16:15 ホリエアツシ (ストレイテナー)

ホリエアツシ
幕張メッセ、日本武道館、海外などでのワンマンライブや国内外数々の大型フェスに出演する、
大舞台をおおいに沸かせる日本屈指のLIVEバンド、ストレイテナーのヴォーカル&ギター&キーボード、ソングライティングを担当。
また、ソロプロジェクト”ent”としても活動し、3枚のアルバムをリリース。
映画「ソラニン」の劇中音楽や鈴井貴之主宰の劇団OOPARTSの舞台「CUT」、ファッションブランドのコレクションテーマ等、様々なフィールドで活躍中。

16:30 - 17:30 Anly

沖縄本島からフェリーで約30分、北西に浮かぶ人口約4,000人、風光明媚な伊江島出身。
英語詞、日本語詞、様々なジャンルの音を楽曲の随所に感じさせるミックス感覚、ループ・ペダルを駆使したソロ・ライブ、バンド編成ライブ、アコースティック・ギター弾き語りなど、イベントや会場にあわせパフォーマンス・スタイルを変え、日本国内、香港、台湾、イギリス、ドイツ、アメリカ、スペインなど海外でもライブを行う、唯一無二の空気を感じさせる沖縄出身シンガーソングライター

タイムテーブルは変更になる可能性がございます。

出演時間、追加アーティストは後日発表いたします。

メインステージMC 植松哲平

植松哲平
1979年10月2日生
岡山県岡山市出身[身長]181cm [体重]58kg
[好物]フェスティバル、サッカー、自転車、コーヒー、カレー
[音楽]Tom Waits、The Pogues、T.Rex
大都会・岡山に生まれ、野山を駆け回り育つ。
高校卒業後、お笑いコンビ「シュガーライフ」として大阪の劇場を中心に活動。コンビ解散後に上京し、音楽に携わる仕事に憧れラジオパーソナリティーへ転身。ラジオや司会業を主に、DJ、WEB制作、イベント制作、舞台出演などいろいろやる派。
ヘアスタイルはマーク・ボランから拝借。好きな童話は北風と太陽。
楽しい場所の目印になれたら最高です。通称 フェス松哲平、よろしくどうぞ。

・ご入場後は各社出展ブース、ライブステージが自由にご観覧いただけます。 ・ライブエリアの座席は自由席となっております。

出展のお申し込みは締め切りました

出展のお申し込みはコチラから

ボランティア・スタッフを募集しています!詳しくはコチラから

ご来場の皆様へのお願い

・イベント開催日は両日とも、入場について混雑が予想されます。 混雑時には入場制限を設けさせていただくほか、入場までのお時間をいただく場合がございます。
その際の入場につきましては『前売り券をお持ちの方の入場を優先』とさせていただきますので、あらかじめご了承ください。
またご希望の演目をご覧いただくことができなかった等のお申し入れにつきましては、当運営では一切の責任を負いかねますのであらかじめご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

・入退場は、ホール正面のガラス扉からお願いいたします。スロープ9およびスロープ10からは入退場できませんのでご注意ください。

・入場時にお配りするリストバンドの着用をお願いいたします。当日の退場・再入場は自由にできます。再入場時には受付にてリストバンドをご提示ください。

・会場内にギターやベースなどの楽器(ケース含む)をお持ち込みの場合、入退場時にケースの中を確認させていただきますのでご協力ください。

・会場内にゴミ箱はありません。会場内で飲食物を購入された際に出た容器などのゴミは、購入されたお店へお渡しください。それ以外のゴミに関しましては、各自お持ち帰りください。

・飲食スペース以外での飲食は原則禁止させていただいておりますが、ペットボトル飲料のお持ち込みは可能です。適度な水分補給をしてください。

・盲導犬・介助犬などを除き、ペット同伴の場合は、必ずキャリーバッグにお入れください。

・万が一体調が悪くなった場合は、お近くのスタッフまでお申し付けください。

・会場内に設置する総合レジにてクレジットカード決済を行う際は、身分証明書のご提示をお願いしております。身分証明書をお持ちでない場合、現金での決済とさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

・会場内および大さん橋ターミナルでは、屋内、屋外共に全館禁煙となっています。喫煙は、1F大さん橋駐車場入口付近の喫煙所をご利用ください。

・ライブエリアでは、カメラ・カメラ付スマートフォン・ビデオカメラ・レコーダーなどによる、出演アーティストの撮影・録音は禁止させていただいております。

・会場内で発生した事故・事件・盗難・負傷につきまして、主催者は一切責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。

Access

横浜港大さん橋国際客船ターミナル 大さん橋ホール

〒231-0002 神奈川県横浜市中区海岸通1丁目1番4号

・駐車場のキャパシティに限りがあるため、公共交通機関でのご来場を推奨しております。お車でお越しの場合は近隣のコインパーキングをご利用ください。

主催
株式会社音響商会
KAMINARI GUITARS
有限会社イマジン・プランニング
F.A.D YOKOHAMA

協賛
株式会社コルグ
NPO法人カワサキミュージックキャスト

協力
メジャーセブンス株式会社

後援
FMヨコハマ

yokohamamusicstyle

L
o
a
d
i
n
g